<< <貨物船>宮崎県日向市の沖合で座礁 3人死亡1人不明(毎日新聞) | main | 「政策に腹立って…」民主のポスターはがす 千葉(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


雑種犬プースケ25歳、人間なら125歳ギネス(読売新聞)

 栃木県さくら市葛城の主婦篠原由美子さん(41)が飼う雄の雑種犬「プースケ」が25歳になり、最高齢の犬としてギネス世界記録に近く申請される。

 人なら120歳を優に超える。2年前、交通事故に遭って生死の境をさまよったが、愛嬌(あいきょう)を元気に振りまいている。

 プースケは1985年3月、同市の篠原さんの親戚(しんせき)方で、シバ犬と雑種犬の間に生まれた。狂犬病などの予防接種を受けるため同年4月1日、旧喜連川町(現さくら市)に飼い犬登録されている。

 ギネスブックによると、世界最長寿の犬として認定されているのは、3月現在で豪メルボルンの21歳3か月のオーストラリアンケルピー。また、これまでに最も長く生きた犬は29歳5か月とされている。

 プースケは朝晩2回の食事に加え、大好物のケーキのおやつも食べる。庭を歩く程度だが、運動も欠かさない。2008年夏、車の下敷きになって内臓破裂の重傷を負った。医師からは「正直ダメかもしれません」と言われたが、5時間にわたる緊急手術で命を取り留めた。

 退院後も見知らぬ人が家の前を通るとほえてかかり、番犬としての役割もしっかり務める。「プー」と呼ばれ、家族が帰る時間には必ず玄関前で待つ、一家のアイドルだ。

 篠原さんは認定に必要な手続きを進めることにしており、「私が16歳の時に生まれた犬なので息子のような存在。長寿の秘訣(ひけつ)は謎ですが、ここまできたら30歳を目標に面倒をみていきたい」と長寿犬の記録更新に意欲をみせる。

 東京農工大の林谷秀樹准教授(獣医学)は「犬の平均寿命は11・9歳で、25歳は人間では推定125歳。ストレスのない生活の影響では」と話している。

<減税日本>参院選に候補者擁立検討 河村市長が明らかに(毎日新聞)
<事業仕分け>競輪2事業「廃止」…後半3日目(毎日新聞)
<口蹄疫>高速バスに消毒液マット(毎日新聞)
身長74cm、世界一背の低い男性が死去=享年21歳
ニュージーランドでは「世界最速の英雄」 「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 09:14
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
出会いランキング
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
ネイルサロン
債務整理
情報商材
クレジットカード現金化
カードでお金
selected entries
archives
recent comment
  • トイレ我慢?日本戦ハーフタイムに配水量急増(読売新聞)
    カナ (08/29)
  • トイレ我慢?日本戦ハーフタイムに配水量急増(読売新聞)
    リンデル (01/16)
  • トイレ我慢?日本戦ハーフタイムに配水量急増(読売新聞)
    ガトリング白銀 (01/10)
  • トイレ我慢?日本戦ハーフタイムに配水量急増(読売新聞)
    道隆 (01/04)
  • トイレ我慢?日本戦ハーフタイムに配水量急増(読売新聞)
    玉木よしひさ (12/30)
  • トイレ我慢?日本戦ハーフタイムに配水量急増(読売新聞)
    リョータ (12/25)
  • トイレ我慢?日本戦ハーフタイムに配水量急増(読売新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • トイレ我慢?日本戦ハーフタイムに配水量急増(読売新聞)
    ちょーたん (12/11)
  • トイレ我慢?日本戦ハーフタイムに配水量急増(読売新聞)
    ばきゅら (12/07)
  • トイレ我慢?日本戦ハーフタイムに配水量急増(読売新聞)
    しゅうじん (11/20)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM